拝啓 晩秋の候、会員の皆さまにおかれましては大変な日々をお過ごしのことと存じます。
平素は京青税活動に格別のご理解、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、毎年恒例となっております忘年会を下記の通り開催いたします。会員相互の親睦を図る重要な機会となっておりますので、ウィズコロナ時代に適応すべく、社会的距離を十分に確保し席配置に工夫を施すことはもちろん、会場側にも十分な感染防止対策にご協力いただいたうえでの開催となります。
当日は、立命館大学法学部教授の望月爾氏と安井栄二氏、日本税理士会連合会常務理事(制度部長)であり、京青税会員でもある市木会員にご登壇いただき、税理士試験制度改革をテーマにパネルディスカッションを開催します。
年末を控えご多忙の時期であり、感染防止の点からもご不安なこととは存じますが、最大限の対策を講じておりますので、各自のご判断のもとご参加いただければ幸いです。
敬具


開催概要

日時 令和 3 年 12 月 4 日(土)
15:45      受付開始
16:15~17:45  制度部例会
18:00~20:00  忘年会
20:00~22:00 二次会
場所 ウェスティン都ホテル京都 瑞穂の間
京都市東山区粟田口華頂町 1
テーマ ■制度部例会■
【テーマ】 『税理士試験制度の在り方』
※この研修は近畿税理士会認定研修(1.5 時間)となります。
(会場にお越しの方は研修受講カードをお忘れなくお持ちください。)
講師 パネリスト:
立命館大学法学部 教授 望月 爾 氏
立命館大学法学部 教授 安井 栄二 氏
日本税理士会連合会常務理事 市木 雅之 会員
コーディネーター:
制度部員
参加費 忘年会 10,000 円
二次会3,500円
(制度部例会のみの参加は無料です)
認定研修 この研修は近畿税理士会認定研修(1.5 時間)となります。
その他 新型コロナウイルス感染症防止に対する取り組みについて
今回の忘年会開催につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大防止と会員の皆様及びご家族の皆様の健康を最優先に運営して参ります。
十分な感染防止対策をおこなった上での開催を目指しておりますが、感染拡大の状況等から開催することが望ましくないと判断される場合には速やかに中止の判断をおこなうことと致します。

【感染防止措置につきまして】

新型コロナウイルス感染防止の観点のもと、社会的距離等に工夫した以下の取組みを実施いたします。
・会場は100人以上を収容可能な「瑞穂の間」を利用いたしますが、50名に参加人数を限定して開催致します。
・1テーブル4名での席配置とし、テーブルの間隔を2~3m 以上確保しての配席となっております。
・お酌や乾杯時のグラスの接触などはご遠慮いただき、お席にて食事をお楽しみいただきます。
・料理は個盛にて提供させていただきます。
・会場内の定期的な消毒、換気などはホテル側にて徹底していただいております。
・ご参加いただく皆さま方には、検温・消毒・マスクの着用・咳エチケットの徹底をお願い申し上げます。
・体温が37.5℃以上の方は会場への入場をお断りさせていただきます。
・会場への入場時、非接触タイプの体温計を用いて体温を計測させていただく場合がございます。
・会費支払についてキャッシュレス決済手段「PayPay」を導入いたしました。

【中止判断につきまして】

新型コロナウイルスの感染状況等を十分に考慮し、感染リスクが高いと判断される場合には開催を中止させていただきます。
緊急事態宣言が発せられた場合に加え、日々の感染者数が増加傾向にある場合、開催することが社会的批判の対象となると想定される場合などを中止判断の対象となる状況と位置づけ、慎重に判断して参ります。

・申込締切となる 11 月 20日において、開催可否の判断をおこないます。
・11月21日~12月5日(当日)に至るまでの期間につきましても、開催可否の判断を継続しておこないます。

【キャンセル料につきまして】

キャンセル料の取扱いについては、以下のように取り扱わせていただきます。
・新型コロナウイルスにより開催そのものが中止となった場合
キャンセル料は発生いたしません。
・申込期限後のキャンセル
キャンセル料が発生する場合には、キャンセルに要する実費を頂戴いたします。
ただし、キャンセル料が最小限となるよう、各施設に責任を以って交渉させていただきます
申込方法 ホームページ(推奨)またはメール、ファックス
申込期限 11月19日(金)
 

※申し込みにはログインが必要です。