「(国税庁から)マイナポータルを利用した「法人設立ワンストップサービス」の対象手続の拡大について」

法人を設立する際に、行政機関ごとに個別に行う必要があった各種手続(定款認証や設立登記、設立届出書、社会保険の新規適用届の提出等)を、マイナポータルを利用して一度で行うことができる「法人設立ワンストップサービス」が令和2年1月から、登記後の手続を対象として、運用されています。

この度、令和3年2月26日から、本サービスの対象手続の範囲が、定款認証及び設立登記を含めた全手続に拡大されることとなりました。

詳しくは、下記のホームページをご参照ください。

・法人設立ワンストップサービス(マイナポータルホームページ)