会員相互の親睦と研鑚

青税とは

  • HOME »
  • 青税とは

私たち近畿青年税理士連盟京都支部「略称:京青税(きょうせいぜい)」は、会員相互の親睦と研鑽を図りつつ、納税者の権利を護り、租税制度の改善と税理士制度の発展を図ることを目的として昭和39年に設立されました。2014年に設立50周年を迎えました。現在、京青税は約400名の会員を有し、若い会員を中心に、支部長・副支部長以下6つの部で組織され、日々情熱をもって活動をしています。
京青税は「近畿青年税理士連盟」に所属しており、連盟は近畿2府4県の支部(京都・大阪・兵庫・和歌山・奈良・滋賀)により構成されています。さらに、連盟の上層組織として「全国青年税理士連盟」があります。全青税は約3,000人の会員が参加する税理士の全国組織です。
豊かな人間性を育みながら会員同士の親睦を深め、スペシャリストとして、より納税者の信頼を得られる税理士になれるよう、『親睦と研鑚、税理士制度の研究』に努めています。

近畿青年税理士連盟のあゆみ

昭和39年 大阪・兵庫・京都の各地区に青年税理士の団体が発足 rsosiki
昭和40年 7月 大阪合同青年税理士連盟を結成
大阪・兵庫・京都の3団体が合同して「大阪合同青年税理士連盟」となり、大阪・兵庫・京都の各々は支部となる
昭和42年10月 全国青年税理士連盟を結成
昭和44年 5月 滋賀県青年税理士クラブが発足
昭和44年 8月 和歌山青年税理士会が発足
昭和45年12月 奈良青年税理士クラブが発足
昭和48年 5月 和歌山青年税理士会が大阪合同青年税理士連盟 和歌山県支部となる
昭和49年 1月 奈良青年税理士クラブが大阪合同青年税理士連盟 奈良県支部となる
昭和52年 7月 滋賀県青年税理士クラブが大阪合同青年税理士連盟 滋賀県支部となる
昭和60年 2月 名称を近畿青年税理士連盟に変更

リンク

全国青年税理士連盟

近畿青年税理士連盟

近畿青年税理士連盟 大阪支部

近畿青年税理士連盟 兵庫県支部

近畿青年税理士連盟 和歌山県支部

近畿青年税理士連盟 奈良県支部

近畿青年税理士連盟 滋賀県支部

PAGETOP
Copyright © 近畿青年税理士連盟京都支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.