会員相互の親睦と研鑚

青税のご紹介

  • HOME »
  • 青税のご紹介

『一層の充実を~より魅力ある組織を目指して~ 第52代支部長 竹村  仁志

京青税のホームページにようこそ。京青税、第52代支部長を務めております竹村仁志です。

京青税は、「会員相互の親睦と研鑽を図りつつ、納税者の権利を護り、租税制度の改善と税理士制度の発展を図ること」を目的として昭和39年に設立されました。当時52名の先輩方でスタートした京青税は、今や会員数400名を有するまでの組織となりました。

今年度は『一層の充実を~より魅力ある組織を目指して~』というスローガンのもと、多くの方に京青税の魅力を伝え、そして共にその魅力をさらに追及していく事で京青税事業の充実と組織の強化にに努めたいと考えています。このスローガンのもと、今年度は以下の活動を行っていきます。

1.研究・制度・マネジメント活動

研究部では、「信託法」「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」をテーマとした公開勉強会を実施し知識の向上に努めます。またディベートを通して論理的思考力や質問力を身につけます。

制度部では、「あるべき税理士法のすがた」をテーマに勉強していきます。税理士法の知識と理解は税理士として必要不可欠なものです。制度部の部会は公開勉強会とする事で会員の制度問題に対する関心と知識の共有を図ります。

マネジメント部では、最新の事務所経営と業務に活用できる実務直結型のテーマでの勉強会を実施し、会員に対して最新の事務所経営に関する知識と業務のサポートとなる情報を提供します。

2.組織・厚生活動

組織部では、さらなる会員数の増強と既存会員の事業参加率の向上を目指します。受験専門学校や大学での職業紹介セミナーを通し京青税の認知度アップと連携を図ります。また京都の税理士登録者への積極的な入会の働きかけを行い、これらを通して会員数の増強を目指します。入会後間もない会員へもしっかりフォローを行い会員としての定着、各種事業の参加率向上と将来の人材の育成に努めます。

厚生部では、今年度は親睦旅行を行います。より多くの方に参加してもらえる厚生事業を企画し、会員相互の親睦を深められる場になるよう心掛けます。

3.広報活動

広報部では、年4回会報誌を発行し、会員に対して諸活動の報告や問題提起を行います。 各種事業の活動告知や業界他団体の会報誌との違いを打ち出した記事を掲載していきます。 対外的には、Web媒体を利用して情報発信を行い、情報発信に活用できる新たなツールを研究し、積極的に活用します。

 

PAGETOP
Copyright © 近畿青年税理士連盟京都支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.